明治年間創業以来100有余年の伝統を、おもてなしの心と美味に託して。

瀬戸の海に臨み、古くから港町として栄えた宇多津の地に、明治年間、料亭『炭屋』として 創業以来100有余年。
その間、昭和十六年、亭の所在を現在地に移転し、また、屋号を『住熊』から『寿美久満』(すみくま)へと改めるなど、現在に至るまで幾度かの些少な変遷はありましたが、創業以来の伝統の味の暖簾をまもり続けております。
四季の自然や折々の風情を愛でる心を、なによりも大切に、隅々まで、贅を尽くし、こころを尽くした日本料理を、お客様に存分にお楽しみいただければ幸いに存じます。

logomark.jpg

忘年会新年会バナー

top_lunch.jpg

 

ページ上へ