サワラのからすみ(珍味!)を販売しております

  • 商品トップ
  • 買い物方法
  • 買い物カゴ
  • お支払い送料
  • 返品交換
  • お問い合わせ
  • トップへ
カラスミに合う食べ物 サワラのカラスミ

カラスミといえばボラの卵巣を使うのが一般的ですが、
香川県では昔からサワラのカラスミが作られてきました。
ボラのカラスミよりも味は濃厚です。

自家製のサワラのカラスミは添加物を一切使わず、
天然の塩だけで作り上げた一品です。

現在では幻の珍味とも言われる貴重な「さわらのからすみ」を
ぜひ一度ご賞味下さい。

サワラの群れ
サワラのからすみ

商品番号:KA-01S

サワラのカラスミ(小)1個入り

内容量:70g~80g

◆定価2,800円

販売価格/2,500円

※ただいま原料不足によりお取り扱いしておりません。


サワラのからすみ

商品番号:KA-01M

サワラのカラスミ(大)1個入り

内容量:100g~120g

◆定価3,200円

販売価格/3,000円

※ただいま原料不足によりお取り扱いしておりません。


サワラのからすみ

商品番号:KA-02S

サワラのカラスミ(小)2個入り

内容量:140g~160g

◆定価5,600円

販売価格/4,800円

※ただいま原料不足によりお取り扱いしておりません。


サワラのからすみ

商品番号:KA-02M

サワラのカラスミ(大)2個入り

内容量:200g~240g

◆定価6,400円

販売価格/5,800円

※ただいま原料不足によりお取り扱いしておりません。


鰆にまつわる話と鰆のカラスミの云われ

鰆は瀬戸内海の春の魚で、特に四国讃岐(香川県)には、鰆にまつわるいろんな話がある。
春の魚と書いて鰆という。その鰆は讃岐の近海でよく捕れて讃岐の味とされている。
 特に五月に入って麦が熟れる頃、鰆を丸ごと買って、嫁に持たして里 帰りと言って、嫁の実家に帰したものである。これから農繁期に入るので、忙しくなる前に里に帰って、体を休めておいでとの気持ちの表 れとして、嫁ぎ先の家の者が感謝の気持を表したのであろう。 嫁は実家の親元で気がねなく休み、嫁ぎ先に帰る時は、鰆の切り身を 寿司の上に乗せて讃岐名物の押し寿司を作り、持ち帰らせたものである。
鰆から取れる卵を、塩で洗い天日で乾燥したもの、鰆のカラスミとして、伝えられたのである。
 しかし、鰆の収穫時期が短いこともあって、その卵も取れる量が少なくカラスミとしては、貴重な物で庶民の口には入らない存在から、一般には知られなかったし、市場にも出回ることもなかった。
また、カラスミといえばボラの卵からの物が多いが、鰆のカラスミは ボラよりも珍味と言われ、かつて幕府に献上されたという記録もある。

送料について

(注)下記送料は1~2ケースの場合となります。

北海道 東北 関東信越 中部 北陸 関西 中国 四国 香川県 九州 沖縄
1100 650 600 500 530 450 500 400 350 450 1400

3月~11月末まではクール(冷蔵)便となりますので冷蔵料210円が加算されます。

お支払い方法

銀行振込または代金引換をお選び頂けます。

※代金引換の場合は代金引換手数料210円が加算されます。
※銀行振込手数料はお客様負担となります。ご了承下さい。

鰆のカラスミの召し上がり方

2~3mm程度にスライスしてそのまま、またはスライスしたものを、軽く火であぶって酒の肴にどうぞ。
端っこの小さい所は、おろし金ですりおろし、お茶漬けにしたり、 イカなどの刺身にまぶして食しても美味しいです。
※手作りゆえに皮の破れや色の違いがありますが、ご了承下さい。

製造元

鮨司一(すしいち)
〒766-0001
香川県仲多度郡琴平町652
tel 0877-75-2501
http://www.sushi-1.net

お問い合わせ先

有限会社ギガマート

©Gigamart 2010 all rights reserved